So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

菅新首相 国の針路正し危機打開を ばらまき政権公約を撤回せよ(産経新聞)

【主張】

 第94代首相に指名された菅直人氏には国家の針路を正し、国難を打開することを強く求めたい。

 8カ月余りで崩壊した鳩山政権は迷走を続け、国益を大きく損なった。国民は民主党政治は信頼に値しないと突き放した。

 副総理・財務相として内閣に参画していた菅氏は、こうした危機に手をこまねいていたのではなかったか。所管外とはいえ米軍普天間飛行場移設問題に関与しようとしなかったのは、待ちの姿勢と批判されても仕方ない。

 これからは国家と国民の平和と繁栄に関する最高の責務を負うこととなる。「この国を立て直すのが第一の仕事」と語ったように国政への信頼を取り戻すことに全力を挙げなくてはならない。

 ◆小沢氏は完全退場を

 菅氏は官房長官に仙谷由人国家戦略担当相、幹事長に枝野幸男行政刷新担当相を充てる方向で調整している。打破すべきは小沢一郎幹事長への権力集中に伴って続いてきた独裁的な党運営である。小沢氏と距離を置いていた人材を内閣と党の中枢に据え、小沢氏の影響力を排除することは当然である。

 小沢氏は政治とカネをめぐる問題で国民の信を失ってしまったことを潔く認め、鳩山由紀夫首相を見習って、政界からの引退を決断すべきである。

 菅氏は党の政策調査会復活も掲げた。政調会長を閣僚として処遇したいとも述べた。二重権力と呼ばれた政策決定システムを刷新する姿勢を貫いてもらいたい。

 国を立て直す最重要課題の一つが、鳩山政権によって破綻(はたん)寸前まで悪化した財政の再建にあることは明らかだ。ユーロ不安で政府債務の信用リスクが問われている中、債務残高の対GDP(国内総生産)比が181%と先進国で突出している日本は、常に経済崩壊に直結する金利急騰リスクにさらされているからである。

 菅氏も財政再建に意欲を示した。だが、問題は今月中に策定する財政健全化目標でどこまで具体的道筋を示せるかだ。そのカギを握るのは消費税である。

 消費税率見直しの4年間凍結を主張していた鳩山首相は退陣した。議論はしやすくなるが、参院選を控えて与党内に反対論が根強いうえ、菅氏自身が引き上げの必要性を表明するだけでその時期や幅に言及していない。

 財政健全化目標は基礎的財政収支の赤字削減にしろ債務残高対GDP比圧縮にしろ、中期と長期の目標数値を示さねばならない。その目標実行の担保として、消費税を中心とした増税の具体的スケジュールは不可欠なのだ。

 増税したとしても医療介護など成長分野に支出し、税収増によって財政を再建するという菅氏のバラ色の手法も疑問が残る。その効果が上がるまで財政破綻は待ってくれないし、机上の計算が一つ狂えば目も当てられまい。

 まず、ばらまき政権公約を撤回し、増税を堅実な財政健全化につなげる。それが成長の阻害要因を取り除く最大の政策である。菅氏は鳩山政権で国家戦略担当相、財務相として成長戦略の迷走と財政悪化に深くかかわった責任をもっと自覚せねばならない。

 ◆郵政法案合意は問題

 菅氏は国民新党との連立継続を決めたが、郵政民営化に逆行する郵政法案について「速やかな成立を期す」と確認したことは問題だ。首相として最初の政策判断が問題の法案にゴーサインを出すものでは、政治の方向性が変わらないことを印象づけるだけだ。

 亀井静香郵政改革・金融相との協議では、社民党も入った昨年9月の3党合意を引き継ぐことも確認した。連立離脱した社民党に引き続き政権への協力を求める布石だろう。

 だが、連立離脱の原因となった普天間問題で社民党が辺野古移設に同意することはあり得まい。安全保障政策の明確な不一致が残っているのになぜ連携なのか。「選挙至上主義」は残念だ。

 それより、日米合意に沿って8月末までに代替施設の位置や工法を確定する作業に全力を挙げるべきだ。沖縄の強い反対の中で難しい作業だが、米国との約束を果たし同盟を堅持せねばならない。

 不安材料は、北朝鮮による拉致問題への対応だ。拉致実行犯である辛光洙(シン・ガンス)容疑者らの釈放嘆願書に菅氏が署名したことがあるからだ。個別名まで確認する余裕はなかったなどと釈明しているが、明確に謝罪すべきだ。対北制裁問題で毅然(きぜん)とした姿勢を示すかどうか注視したい。

【関連記事】
菅直人新政権 みんなは敵対鮮明、新党改革は注視
「読み」誤った小沢氏 9月末まで高見の見物か
8日に組閣 蓮舫氏入閣へ 仙谷官房長官、野田財務相 
エイズ・カイワレ・お遍路…関係者の思い複雑
自民に強い危機感 古い体質払拭できず、迫られる戦略見直し
「はやぶさ」帰還へ

酔って暴れたNHK職員、公務執行妨害で逮捕(読売新聞)
リバーシブルなミニカー? バンダイ「VooV」登場
<日米密約>重要文書を破棄か 事実解明なく幕引き(毎日新聞)
知人女性あてメールを自分に転送、盗み見容疑(読売新聞)
女性に乱暴、容疑で男逮捕 同様手口の事件発生、関連捜査 警視庁(産経新聞)

川崎信金秘書室長、コニカミノルタ社員、群馬銀行員ら覚醒剤購入・所持で逮捕(産経新聞)

 神奈川県警薬物銃器対策課と鶴見署は、覚せい剤取締法違反(所持、譲受)の疑いで、川崎信用金庫秘書室長、北山四郎容疑者(55)=横浜市港北区=ら男6人を逮捕するとともに、覚醒(かくせい)剤約22グラム(末端価格約200万円)などを押収した。県警によると、いずれも容疑を認めている。

 ほかに逮捕されたのは、コニカミノルタ社員、矢田丈二(50)=東京板橋区=や群馬銀行行員、市川芳樹(45)=高崎市=ら5容疑者。

 県警の調べによると、6人は今年3〜4月、東京都荒川区荒川の無職、乙部貴昭被告(41)=同法違反罪で起訴=から、覚醒剤それぞれ約1グラムを現金約5〜6万円で購入し、都内の路上や乙部被告の家で所持した疑いが持たれている。

 県警によると、北山容疑者らは「好奇心で手を出してしまった」などと供述しているという。

【関連記事】
人生をしゃぶられた夫婦 裁判官「二度と来るな」
覚醒剤密輸「中国で断った…助けてください」
手の震えで密輸発覚…覚せい剤飲み込んだ男逮捕
覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁
せんべいに密売人の連絡先「JAYWALK」中村被告に懲役2年求刑

ハナショウブ もうすぐ見ごろ 足立区立しょうぶ沼公園(産経新聞)
赤字企業割合、初の7割超=交際費支出、ピーク時から半減−08年度分国税庁調査
普天間「将来の県外移設」を=首相に要望、民・社180人が署名(時事通信)
<ポルノ>ネット上に掲載した男14人一斉逮捕 8都府県警(毎日新聞)
「燃えるような激しい痛み」 失明の恐怖に襲われた証人 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

「競馬や競輪に…」 団地自治会の資金横領、容疑の72歳元代表理事を逮捕 (産経新聞)

 団地自治会の資金約2600万円を着服したとして、警視庁町田署は業務上横領の疑いで、東京都町田市木曽東、無職、元山勝容疑者(72)を逮捕した。同署によると、元山容疑者は「競馬や競輪などに使った」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成18年5月下旬〜20年4月上旬、同市内の3銀行で、境川団地自治会の定期預金計5口座を勝手に解約し、現金計約2613万円を横領したとしている。

 元山容疑者は15年10月から20年6月まで代表理事を務め、預貯金の管理などに関わっていた。銀行から満期連絡が来ないことに別の理事が気付き、不正が発覚。元山容疑者は1150万円を返したが、残金の返済が滞ったため、自治会が昨年3月に告訴していた。

【関連記事】
勤務先から2千万円着服、銀座で豪遊 元経理担当者を逮捕
大阪市三セク元所長を逮捕へ 回数券2億円相当不足で横領容疑
経理女性3億2400万円横領、使途は本当にアレだけ?
小1の1500円ネコババ巡査長、別の落とし物の現金も着服
神戸市職員、公費で購入したパソコン転売
中国が優等生路線に?

「責任より対応先決」 口蹄疫問題で首相(産経新聞)
国定公園の海辺、勝手に埋め立てた兄弟逮捕(読売新聞)
九州訴訟でも救済案示さず=B型肝炎訴訟で国側―福岡地裁(時事通信)
政権運営で自己点検を=首相に苦言呈す―連合会長(時事通信)
放鳥トキ カラス卵2個持ち去る ふ化の期待あと1組に(毎日新聞)

ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)

長谷川等伯の心を映し出す本法寺(産経新聞)

【検定1級記者が語る京都

 メーンの桜の写真の撮影場所は上京区の本法寺。4月3日の午後6時前、日暮れ直前のため、境内も薄暗い。約200年前に建てられた仁王門に夕日のオレンジ色の光が差した光景は幻想的でもある。

 昼間は、日の光を浴びて真っ白に輝いていた桜も日が暮れると、白い花も闇に紛れ込みしだいに消えていく。

 堀川通よりひと筋東の小川通から朱塗りの本法寺の仁王門をくぐる。この寺の周辺は茶道家元の表、裏、武者小路の三千家の邸宅や茶道関係の店も軒を並べるなど、まさに茶道ゾーン。

 約10年前、本紙で連載した「親と子の日本史」の中のエピソードのひとつとして長谷川等伯と息子の久蔵を取り上げたとき、本法寺を取材したことがある。

 等伯が画家として名をなすため能登から妻子を連れて京都に出てきたとき、本法寺に身を寄せている。そのためか、本法寺本堂前とJR七尾駅前には同じ等伯の銅像が立つ。

 それにしても、この寺の満開の桜と多宝塔、仁王門との組み合わせは、寺ノ内周辺の春の景色の中でも一、二を争うほどだ。

 桜といえば、久蔵が描いた智積院(東山区)蔵の国宝「桜図」が有名。貝殻をつぶした胡粉(ごふん)を花びらに盛り、立体感を持たせたため、生き生きとしていた。等伯の後継者にふさわしい作品だった。

 だが、この作品が最後になろうとは。

 そして等伯が息子の死を悼むかのように描いたとされる絵がある。国宝の「松林図屏風(びょうぶ)」。通常は東京で展示しているため10年前は見ることがなかったが、現在、京都国立博物館で開催中の等伯展に出品されているというので、ひと目見ようと出かけた。

 雨に煙る松林。墨の濃淡で遠近感を出す技は、等伯が四季を描いた屏風、ふすま絵の中にも登場するものの、松林だけを描いたその屏風の表現はずぬけ、静かに悲しみこらえる等伯の気持ちが手に取るように感じられる。

 一時は狩野派をしのぐほどに隆盛を極めた等伯、久蔵の時代。しかし、その後の長谷川派の活動はというと芳しいものではなく、どこか寂しげな雰囲気が漂う。

 まるで、夕闇に消える桜のようだ。(園田和洋)

【関連記事】
藤薫る春日大社 "砂ずりの藤”満開を迎える
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
法隆寺だけじゃない、斑鳩の塔ものがたり
吉野桜に魅入られた西行法師
すごかった花見客!豊臣秀吉も愛した一目千本の吉野桜

反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
将棋 3度目の横歩取り 名人戦第3局(毎日新聞)
介護が政治に望むこと(3)「地域での小規模多機能、求められるのは当然」―小規模多機能連絡会・川原秀夫代表(医療介護CBニュース)
<バリ邦人殺害>インドネシア人被告に禁固20年(毎日新聞)

<夏日>今シーズン初 東京・大手町で25.5度(毎日新聞)

 日本列島は21日、上空を覆っていた低気圧が太平洋に抜け、大陸から高気圧が張り出した影響で全国的に晴れ、関東地方などを中心に初夏のような陽気となった。

 気象庁によると、東京・大手町で25.5度を記録、埼玉県熊谷市(25.9度)▽宇都宮市(25度)▽甲府市(25度)などでも、今シーズン初めて最高気温が25度以上の夏日となった。

 また、仙台市(18.5度)▽千葉市(24.5度)▽横浜市(23.8度)▽名古屋市(23.6度)▽広島市(24.6度)などで今年最高気温を記録した。

 22日以降は再び北西から低気圧が近づき、気圧の谷や前線が日本上空を通過するため、天気が崩れる見込み。北日本から西日本にかけては、霜が降りる恐れもあるという。【飯田和樹】

【関連ニュース】
強風:北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧

中国地震、救援進まず 死者617人 児童200人生き埋め(産経新聞)
中山エミリさんと飯沼誠司さん結婚(時事通信)
<国民生活センター>52人分の個人情報を紛失(毎日新聞)
<織田信成選手>婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
仕分け前半の対象、福祉医療機構やPMDAなど47法人(医療介護CBニュース)

山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲(産経新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)ら米スペースシャトル「ディスカバリー」のクルーは日本時間15日午後、歌手の松田聖子さんの「瑠璃色(るりいろ)の地球」の歌声で起床した。山崎さんの夫、大地(たいち)さんが選曲して贈った。

 歌を聞いた山崎さんは、管制官との交信で「この美しい歌を選んでくれてありがとう。これは私が誇りに思っている地球の美しさについての歌です」と英語で話した。大地さんは「妻が宇宙で聞く曲を選んでいたとき、どうしてもこの曲を聞きたいと言っていた」とのコメントを出した。

 山崎さんは12日の政府要人との交信で、「瑠璃色の地球も花も宇宙の子」と俳句を詠んだ。瑠璃色は紫色を帯びた紺色のこと。深みのある青色に輝く地球の美しさに、すっかり魅せられたようだ。15日は宇宙から初めてミニブログ「ツイッター」に書き込み、自身の俳句を紹介した。

 山崎さんは、最大の任務だったISSの物資運搬作業をほぼ終了。15日夜、ロボットアームを操作して、回収品を積んだ物資コンテナ「レオナルド」をISSからシャトルに戻す作業を行い、19日に予定している帰還の準備に入る。

【関連記事】
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う
「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見
山崎さんの宇宙用髪留め、大磯の女性がデザイン
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏

消費税論争勃発 民主執行部のバラマキ路線牽制(産経新聞)
各閣僚「鳩山首相支える」=普天間で進退論を否定(時事通信)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
相次ぐライター火災、経産省が安全規制へ(読売新聞)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)

老人保健に関する先駆的事業を募集―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、2010年度の「老人保健健康増進等事業」を募集している。先駆的・試行的で、その効果が今後の施策に反映できる事業が対象。外部の委員を含めた委員会によって評価され、採択されれば、2500万円を上限に補助が行われる。応募期限は5月7日。

 補助対象の団体は都道府県、市町村といった自治体のほか、厚労省所管の法人、厚労相が特に必要と認めた法人。社会福祉法人や医療法人、財団法人、社団法人、特定非営利活動法人なども含まれる。大部分を設備や備品の購入で占める事業や、営利を目的とした事業は対象外となっている。

 補助対象の事業としては具体的に、▽住み慣れた地域で24時間365日、安心・安全に暮らし続けられるための介護サービス等基盤整備に関する調査研究▽介護サービスに従事する人材の資質向上に関する調査研究―など「介護保険制度の適正な運営・周知に寄与する調査研究事業」や、▽介護などを受けながら住み続けられる高齢者の住まいの在り方に関する調査研究▽認知症の人およびその家族に関する効果的な支援に関する調査研究―など「高齢者保健福祉施策の推進に寄与する調査研究事業」が挙げられている。

 このほかテーマを指定した事業として、▽介護保険推進全国サミットにおいて、サービス提供の効率化などの研究成果を公表する▽全国健康福祉祭において健康・生きがいづくりの普及啓発を行う▽介護相談員派遣等事業への理解の促進などを行う▽認知症サポーターを400万人養成するために普及啓発などを行う―の4つを提示している。


【関連記事】
介護保険のQ&Aを体系的に整理―厚労省
介護福祉士の資格取得方法見直しで意見募集
生活支援付き高専賃などの補助事業で説明会
地域包括ケアの論点整理で報告書−厚労省
介護施設での事故、転倒が6割−三菱総研調べ

瓦・畏・彙・毀…常用漢字大丈夫?文化庁が調査(読売新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)
村木被告「役所の仕組みを知らない検事が作り上げたもの」 郵便不正公判(産経新聞)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
毎日新聞世論調査 内閣支持率33% 不支持は初の5割超(毎日新聞)

<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)

 海洋土木専門の建設業者で作る政治団体「さんそう会」が、95年まで国土交通省所管の社団法人「日本埋立浚渫(しゅんせつ)協会」内に事務所を置き、両団体峻別(しゅんべつ)のため事務所を同年に移転しながら、その後も02年まで協会幹部が政治団体の会計責任者を実質的に務めていたことが分かった。さらにさんそう会は08年の「政治資金パーティー」で招いた講師に「協会の理事会社で構成する団体」と自己紹介。公益法人である浚渫協会と、政治団体のさんそう会が一体化している疑いが浮かんだ。

 公益法人と政治団体の一体化を巡っては(1)政治団体が特定議員に献金(2)議員は省庁の受発注などに影響力を行使(3)省庁幹部は公益法人に天下り−−という「政官業」癒着の温床と指摘され、国は両者の峻別を求めて度々通達を出している。

 さんそう会を巡っては、会議室での数十人の会合を「政治資金パーティー」として開き、加盟各社から06〜08年に約4000万円集め、自民党旧二階派や旧運輸省(現国交省)OBの同党議員らに献金していることが判明している。さらに浚渫協会が、国交省発注の防災コンサルタント事業(06〜08年度で約1億6700万円)を主に随意契約で受注し、同省OB3人を理事などで受け入れていることも新たに分かった。

 浚渫協会は61年の設立で「マリコン」と呼ばれる海洋土木専門の建設会社を中心に27社が加盟。大手8社社長らが理事を務める。関係者によると、71年に発足したさんそう会の事務所は東京都港区の協会事務所内に置かれた。95年には協会と峻別するため、さんそう会の所在地を協会とは無関係の会計責任者(旧運輸省OB)宅に移した。

 ところが、00年以降にさんそう会代表を務めた男性によると、この会計責任者は実務に関与せず、実際には協会の経理課長(別の旧運輸省OB)が会計を担っていた。こうした兼務は02年12月まで続き、この経理課長は同月に協会を退職後、正式にさんそう会の会計責任者になった。

 00年まで代表だった別の男性は「二つの団体(協会とさんそう会)は同じ」と証言。同会による政治献金について「港湾予算をつけてほしいから。運輸族の国会議員は(業界の)利益代表みたいなもの」と語った。

 さらに同会は08年、パーティーでの講演を依頼した写真家に「浚渫協会の理事会社により構成される組織です。年に4〜5回、理事会社より2名ずつ出席して講演を拝聴しております」と説明するメールを送っていた。

 浚渫協会の調査役は「協会の理事会社で構成する別組織(さんそう会)があることは認めざるをえないが、過去はどうあれ今は関係はない」と説明。さんそう会の会計責任者は「(02年に協会からさんそう会へ移ったのは)たまたまそうなっただけ。協会と(さんそう会)は関係ない」と述べた。【政治資金問題取材班】

【関連ニュース
偽装献金:ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇
偽装献金:鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」
偽装献金:首相元秘書、起訴内容認める 禁固2年を求刑
ダム工事:「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監

原人事官の再任を閣議決定(産経新聞)
<神奈川不正経理>元職員、授受のたびに場所変更(毎日新聞)
授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)
<小泉進次郎議員>郵政で亀井担当相と対決 「大臣は逆走」(毎日新聞)

<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相と園田博之前幹事長代理が今月中にも新党を結成する方向で検討していることが2日、明らかになった。無所属で平沼グループを率いる平沼赳夫元経済産業相も同日、「早ければ早いほど新しい党を立ち上げるのは望ましい」と東京都内で記者団に述べ、新党結成を急ぐ考えを表明した。与謝野氏は平沼氏との連携も視野に準備を進める意向だ。

 与謝野、園田、平沼氏は2日、東京都内でひそかに会談し、新党結成に向けて意見交換した。自民党参院議員の藤井孝男元運輸相も同席した。藤井氏は郵政造反・復党組の一人で平沼氏と関係が深く、「党内に残るか、外に出るか。手法は違うが、自民党のためという目的は一致している」と周辺に漏らす。

 与謝野氏は3月発売の月刊誌で、谷垣禎一総裁ら党執行部を批判し、新党結成に言及。園田氏も谷垣氏以外の執行部人事を行うよう求めている。自民党は1日から3日間、両院議員懇談会を開いているが、与謝野、園田両氏は出席していない。谷垣氏が1日、党役員人事を行わないと明言したことに失望感を強め、新党にかじを切ったとみられる。

 自民党関係者によると、与謝野氏は今夏の参院選で比例代表に新党の候補者を擁立し、民主党の批判票獲得を目指している。同氏に近い衆院議員は「平沼氏とは、反民主で一致すればいい」と語るが、一緒に新党を結成するのか、別々の新党で連携するかの結論は出ていないという。

 平沼氏は2日、政党要件を満たす5人以上の国会議員確保について「最低要件は満たす状況になっている」と自信を示したが、具体名は明かさなかった。

 公職選挙法86条の7は「任期満了日の90日前にあたる日から7日以内」に中央選挙管理会に政党名を届け出るよう求めている。今回改選の参院議員の任期満了は7月25日で、4月26日から5月2日までに新党を届け出れば、ほかの政党は同一または酷似した名称を使用できない。平沼氏は「それは当然、意識には入る」と述べ、「政党名保護」も新党結成を急ぐ理由と認めた。

 3月に自民党を離党した鳩山邦夫元総務相との連携については、平沼氏は「全然接触していない」と語った。【坂口裕彦、野原大輔】

【関連ニュース
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に
与謝野氏:小沢幹事長と同席 憶測呼ぶ 会話の中身は…
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に

<シー・シェパード>元船長起訴 侵入、傷害など五つの罪で(毎日新聞)
誤った先入観で取り調べ=DNA鑑定過信、自白迫る−足利事件の捜査検証(時事通信)
<雑記帳>「クレヨンしんちゃん」埼玉県春日部市の案内人に(毎日新聞)
老人専門医療の質を評価する指標を策定―老人の専門医療を考える会(医療介護CBニュース)
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利(医療介護CBニュース)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。